染色マメ知識

日々の洗濯で使える豆知識

染色業は、酸性やアルカリ性などの薬品を使い染色します。 酸性やアルカリ性などのものは、皆さん日常的に使っており 体からも、その両方が分泌されております。 そこで、毎日洗濯をすると思いますが、中々落ちにくいシャツなどの襟の『皮脂汚れ』 にフォーカスして記事を書きたいと思います。 皮 …

more

明けましておめでとうございます。

2021年 令和3年 明けましておめでとうございます。 本年度もよろしくお願い致します。 未だにコロナ禍ではございますが 今年は、収束しより良い1年になりますよう願います。

more

素材の用途

高級な素材として、蚕のシルクや動物の毛なのどの生地や素材があります。 海外などでは、高級品は一回着れれば良いパーティー用やビジネスや特別なシーンで着る スーツやドレスなどに使用されます。 高級素材は動物性たんぱく質で作られている為、とても素材的には弱く繊細なものになります。 です …

more

水と染色②

水と染色の話 今回は『水と染色②』になります。 群馬県桐生市には『桐生川』と呼ばれる川が流れており、その川沿いに糸屋、染色屋、整理屋が軒を連ねていました。 現在では、後継者の減少により廃業される業者さんが後を絶ちませんが、 繊維の産地と呼ばれる地域の条件には必ず『水』との関わりが …

more

染替え

最近、染替え染色のご依頼を頂きますので 参考までに染替え可能な条件などを掲載致します。 染替え可能な品物 ・ナイロン ・レーヨン ・綿素材 ・ポリエステル 染替えが可能な染色物の状態 ・淡い色からの染替え ・色の方向性が近い物の染色物 ・劣化していない染色物 ・その他 染替えが難 …

more

染めてみないとわからない2

今回、タイプライターを染色した事例の記事になります。 これは自社での製品に使用するために購入した生地です。 オフでは分からない、染色してはじめて出てくる織りムラと油汚れの痕・・・ 以前、お客さまで同じ事例があり、なぜ織りムラが出るのかや、油汚れの痕が出てくるのか 聞かれたことがあ …

more

工業用染料と家庭用染料の違い

最近、『染屋さんは、できた色をちょこちょこっと染着させればいい仕事だよね。』と言われたので、 『違います。色は3元色の赤、青、黄から色を作っていますよ。』と答えました。 繊維を扱う者にとって色は切っても切れないカテゴリーです。 https://note.mu/333yokokur …

more